実験室001

「あなたの名前は?」
「私の名前はXXXXX」
「私の顔が見えますか」
「はい」
「昨日あなたは何をしましたか?」
「昨日…」
「そうです。昨日何をしたか覚えていますか?」
「…」
「昨日は分かりますか?」
「はい」
「何をしたか、覚えていますか?」
「…」
「怖がらなくていいですよ」
「…」
「あなたの手を見てください」
「…。いや…」
「どうしてですか?」
「…私の手…赤いから…」
「どうしてですか?」
「…」
「その赤はなんですか?」
「…血…です…」
「あなたの血ですか?」
「…違い…ます」
「それでは、誰の血ですか…」
「それは…」
「それは?」
「私の…大切な人のものです…」
「そうですか」
「私は…あの人を殺しました」
「そうですか」

「それでは、あなたは誰ですか?」
「…」
「あなたの名前はXXXXXさんですね?」
「はい…」
「もう一度聞きます。あなたは誰ですか?」
「…私は…誰ですか?」
「あなたの言う大切な人とは誰ですか?」
「大切な人…。名前は知らない」
「どうして?」
「わからない」
「いつからの知り合いですか?」
「記憶があるときから、ずっと」

「あなたの腕を見てください」
「…」
「たくさんの傷がありますね?」
「…はい…」
「それは、いつ出来たものですか?」
「…昨日…」
「そのように見受けられますね。では、どうして出来たか心当たりはありますか?」
「…わかりません」

「あなたの手の血は本当に大切な人のものですか?」
「…」
「それは、あなたの血ではないのですか?」
「…そうかもしれません」
「あなたは誰ですか?」
「私は誰ですか?」

2008.05.24 |  Line | Text |  緋衣那 充希

Music

Twitter