希望は絶望よりもなお深い場所に在る

長い影法師
その心臓に短剣を突き刺す
いつも的は外れて、
影はにやりと口を歪ませ
けたたましく嗤う

骸骨とダンス
死は延長線上に遠ざかる
何度も望み焼き焦がし
傷は深まれど
絶対値、近付けはしない

螺旋階段、だまし絵
天高く、下っていく
足踏みしているだけ
その足は無いのだから
どこにも行けない

この身体さえ、虚構か
存在はアンデット
遠ざかる自我
剥離浮游する現実
片輪では掴めぬ

すべてのものに、
この意識自体に
騙されている

影が体に顔にへばり付き
頭の中、蠢く
皮膚の上、甲高く、
眼球の奥、ノイズが、
悲鳴が、俺か
手と腕が激しく捻じ曲がる

穢れの色流れ、落ちて
水溜りが嘲笑い揺らぐ
声無き幻聴
腕這うヒュドラ

焼き切れろ
不仕合せな脳が右へ左へ
体が波打ち、重力に、鈍い音
開いた口から、メロディが
流れていく、壊れていく

腐敗の気配、唇に感じながら
瞼が重くなる
果てるだろうか
鉛のヴェールに包まれる

泥水が沈殿していく様に
激しく対流する思考が
止まればいい
耳に刺さったままの悲鳴
全身を殴りつける暴言
不自由な片腕の痙攣、が
きれいになるだろうから

まっさらな、
天使が舞い降りた様な
純白には、成れやしない
生まれ落ちたものの宿命
赤黒く染み付いている

朱に染まる夜

闇夜の果て、最果て
現れるのは、朝焼け
厭いた刻
神の足跡
機関の秘密
ファウストの契約
メロディは、開いた口から
流れている、奏でている

残ったのは、
廃した身体
現実
生き残った自我

EUREKA

その時俺は、
狂った様に、叫ぶ様に、
笑った

諦めよりも深く
死よりも遠い場所から
這う様に訪れる
遅きもの
お前の名は希望

口から流れるメロディに
この身を委ねよう
いつまでも、どこまでも
続いていられる様に
あまりにも歩みの遅い希望を
待っていられる様に

2014.04.28 |  Lyrics | 掌編 |  緋衣那 充希

Music

Twitter