唄うたい万歳

DSC_0695
先日、ロッキン発表会に出てきました。
DSC_0694
(画像は2回目)
その時の動画がアップロードされたようで。
サムネは勢いだ、うん。



DIR EN GREYのDRAIN AWAYを歌いました。
歌を人前で演じるという事は
その歌に全力で向かわないといけない、という意識があります。
何を演ろうかと考えていた時に、
この曲の感情的な部分と言うのが選んでいる時の琴線に触れて。
とあるひとの事を考えながら、組み立てていきました。
緋衣那充希として、そういう表現になるよねって。
この歌詞の意味を解釈しようとすると、考えられずにはいられない。
一歩間違えると、とんでもない方向へ行ってしまう曲でもあります。
先生にも、お前はそういうタイプだから、向こうに行ってもいいけど、
上手くコントロールしないといけないよって指導されてました。
簡単に制御出来るなら言われないだろうけど。
練習でもちょいちょいぶっ飛んでた。
まずやらないような珍しい事もしてるんですが、
知っている人しかわかんないと思います。
以下、参加した曲
普段自分が歌う範囲の曲では無かったので、新鮮な気分で挑みました。
楽しかったです、ありがとうございました!
long time no see
プログラムNo.1の曲。
超緊張して結構記憶がぶっ飛んでます。
トップだししっかり戦わなきゃ…!ってなってた。
とっても圧があったよね。
Detroit Rock City
一番勉強になった曲です。
「化けたな!」って先生に言われたくらい化けました。ライヴってすごい。
本番前に「ギターユニゾン部分でぜひ前に出てきて下さい!!」ってお願いしました。
二人並んだ時にカメラ担当の方が上手に移動した時、
「善き哉、善き哉」って小さく頷いていました。
Same Sky
練習で合わせた際にデスボを出したら、
ギターの先生に「えっ!?そこもコピーしたの!?」と驚かれてたらしいです。
中盤、何かが降りてきてました。
あの御方の気配が触れるくらい近くにある…!!って本当にそう思った。
Panama
ラストから3番目の曲。
動画には映ってないけど、ラストのサビ部分でジャンプしてます。
飛んでみますか?飛んじゃいますか?って袖て話してました。

2015.11.16 |  Blog |  緋衣那 充希

Music

Twitter