雪あかり幻想

肌刺す風が吹く
凍える夜空に
永遠、帰らぬ夜の
ぬくもりが陰を落とす

どこまでも落ちよう
君を掴めるなら
閉ざされた夜闇に
白い雪が舞い散る

雪あかり幻想
過去は光に溢れ
やりきれぬ思いが
頬を哀しく濡らす

不意によみがえる
感触と香り
幻覚、脳の悪戯
全て忘れ眠りたい

どこまでも墜ちよう
君を奪えるなら
透明な棺に
白い雪が舞い散る

雪あかり幻想
君の事が恋しいと
胸に秘めた言葉は
儚くかき消され

雪あかり幻想
君はとても綺麗だ
こんな月の夜は
なぞる指を思い出す

2017.02.18 |  Song |  緋衣那 充希

Music

Twitter